タツミ工業

タツミ工業の画像1
10年後も安心の正しい施工を行ってくれる
会社名タツミ工業株式会社
所在地奈良県橿原市曽我町1196-2
電話番号0120-71-8008


タツミ工業は奈良・大阪で外壁塗装・屋根塗装を施工している職人直営の会社です。施工実績は950件以上を超え、口コミが評判を呼び地元で高い信頼を得ています。「正しい塗装工事」をモットーにしており、丁寧な下地処理、適切な4度塗りを腕のいい職人が徹底して実施。

社長自らさまざまなメディアに出演し、正しい塗装・防水工事の知識を広めるべく活動しています。今回はタツミ工業をより深く知るべく、魅力や特徴をご紹介していきます。

仕上がりに重要な下地処理からしっかり行う

タツミ工業の画像2

外壁塗装を行う前に塗装する部分をキレイにするのが下地処理です。下地処理は女性の化粧と似ています。

化粧の前に洗顔やマッサージをすることで表面の汚れを落とし、化粧水等で肌の状態が整うと仕上がりはよくなります。外壁塗装も同様です。

高圧洗浄で壁表面の汚れを落としたり、ひび割れや浮き部分を補修して状態をよくすることでスムーズに塗装できるようになります。下地処理の良し悪しは仕上がりのキレイさや耐久性に大きな変化が生まれるので重要な工程です。

タツミ工業では雨漏りの確認のため塗装前に赤外線サーモグラフィー検査を実施しています。赤外線サーモグラフィーで雨漏りが疑われる箇所の温度測定を行い、周辺の温度差から位置を特定します。

特定後に補修を実施するため、建物を壊さず調査ができ、費用が少なく済むのもメリットです。赤外線サーモグラフィー検査は、専門機器の使い方や調査方法を知っていないと容易にはできません。まさに熟練の職人の経験が成せる技といえるでしょう。

しっかりとした下地処理を行うことで塗装は10年間美しさを保てるといわれています。適切な処理が行われないと5年程度で再度工事が必要になり、2倍のコストがかかってしまいます。そのため、長い目で見た時にトータルコストを抑える意味でも徹底した下地処理が必須です。

塗装本来の性能を発揮するための4度塗り

タツミ工業の画像3

外壁塗装は「下塗り・中塗り・上塗り」の3度塗りが一般的です。しかしタツミ工業の塗装では4度塗りを基本として実施。外壁の素材や塗料の種類、住居環境によっては5度塗り以上実施する場合もあります。

漠然と何度も塗り重ねているわけではなく、下塗り、中塗り、上塗りのそれぞれの工程に適切な間隔を置くことで塗料本来の性能を発揮させています。塗装の劣化に最も影響を与えるのは太陽の紫外線です。

同じ家でも日当たりによって痛みの出やすい箇所とそうでない箇所があります。日当たりがよい箇所に丁寧に塗装をすることで耐久性が向上するので、そういったことを意識しつつタツミ工業建物全体の塗装状況をできるだけ均一にしていきます。

また、タツミ工業では工事の工程を一つひとつ丁寧に写真に残すことで作業の透明性を確保し、手抜き工事の防止に努めています。施工事例はホームページで確認する事ができるため、わからない事は気軽に質問可能です。

そして、タツミ工業は見える化を徹底することで顧客の安心感につなげています。その結果として、これまでの施工不良は0件です。

自分達の工事に自信があるため全額返金保証も実施しており、高品質な工事、顧客満足度の追求に努めています。他社よりも価格が高い事もありますが、その際にも正直に報告しています。丁寧な仕事の積み重ねが10年後の仕上がりの違いを左右するのです。

お客様の満足のためにとことんこだわりたいと思っている

タツミ工業の画像4

タツミ工業の特徴は腕のよい自社職人と専属職人による高品質な塗装工事です。下請け業者への丸投げをしないのも特徴の一つ。

よい塗料を使ったり、よい施工方法を教えても現場の職人がきちんと実施しなければ塗装の品質は上がりません。タツミ工業には奈良県の県知事建設業許可や複数の認定のお墨付きがあります。

また、職人と顧客が直接話せるという、職人直営のお店だからこその強みも存在します。職人にありがちな我が強く自分を曲げない、自己流の古い考え・信念へのこだわりを嫌い、最新技術への学びにも余念がありません。

加えて、職人直営店の利点はほかにもあります。それは、リフォーム全般の知識を持っている事です。外壁塗装や屋根塗装では雨漏り修理や水回りなどのほかの工事を合わせて行う事が頻繁に発生します。

その都度顧客がいろいろな業者とやり取りしていると、通常の業者では行き違いが起こってしまう可能性もあるでしょう。その点タツミ工業では窓口一つで対応しており、面倒なやり取りを省き余分な費用や時間もかかりません。

作業は毎日、日報にて報告し、1日の工事終了後は清掃を行っています。顧客自身や近隣への心遣いを第一に考え、地元に根を張る地域密着企業として強い責任感を持っています。

業界最高水準の20年アフターフォローを用意している

タツミ工業の画像5

工事が完了しても顧客との付き合いは大切です。タツミ工業では工事終了後1年後、3年後、5年後、7年後、10年後、15年後、20年後と定期的に顧客とコミュニケーションを取っています。

専門のアフターフォローチームが存在し、保証期間外でも顧客と真摯に向き合い、トラブルには早期発見、早期補修を提案。建物の資産価値を守っています。

外壁塗装の寿命は約10年といわれています。しかし、一律に10年経ったら工事の提案をするという対応は取っていません。

なぜなら、丁寧に顧客にヒアリングし、話し合うことを第一に考えているからです。そのため、まずタツミ工業では建物診断を行い、必要性を確認しています。「早急な塗り替え工事が必要なのか?」「必要でない場合いつ頃塗り替えればいいのか?」など、細かな確認を行います。

顧客がわからない事があればしっかり説明を行います。顧客が納得して工事を受けられる事が大切です。

このほかにも、タツミ工業では地域での勉強会も積極的に実施しています。またクーリングオフ制度に反対しており、契約後工事開始の10日前までならクーリングオフ期間が過ぎていても契約解除ができます。

これはクーリングオフ制度のために悔しい思いをしている顧客の声を聞いての判断です。顧客目線の対応に強みがあります。

まずは電話で問い合わせてみよう!

タツミ工業は奈良・大阪の地域密着で施工実績950件以上の職人直営のお店です。丁寧でキメの細かい工事が何よりの魅力。

綿密な下地処理や耐久性を高める4度塗りの塗装を腕のよい職人が行っています。質のよい工事を徹底するため、各工程を写真に残し手抜き工事を防止しています。

アフターフォローも充実。顧客との密なコミュニケーションで適切な時期に提案を実施しており、顧客に対し工事の必要性や塗装の状態を正直に伝えています。

まずは電話で問い合わせてみましょう。無料診断で外壁だけでなく住宅全体の状況を確認してくれます。無料診断は社長自ら担当しており、安心して受けることが可能です。信頼できる、高品質な塗装工事を望んでいる方は利用してみてはいかがでしょうか。

タツミ工業の口コミ・評判を集めました

笹川晋也
全面再塗装してくれた
事務所を借りてくれているのですが、ビル全体の塗り替えをお願いして3年経過したとき、塗料メーカーで製造の問題があったそうで、今年(2017年)に再度、全面再塗装無料でしてくれました。 アフターとしてはこれ以上のものはないでしょう。施工説明書もしっかり、全工程の写真とともに渡してくれてここまでやってくれるのなら、格安塗装店にはおねがいできないですね。

引用元:https://www.google.com/

タツミ工業は、施工後に問題が発覚したとしても、責任を持ってフォローしてくれる外壁塗装業者です。隠ぺいせずに無料で直してくれたとのこと、信頼できる対応をしていることがわかります。 タツミ工業は、施工完了後に20年のアフターフォローを用意しています。トラブルが発生した際には、すぐに相談してみましょう。
Hiroyuki Takahashi
知識が豊富
塗料に関する豊富な知識、外壁の状態の見極め方。プロなら当たり前と思われるかもしれませんが、それらを本当に熟知しています。こんな塗装業者を今までしりません。 市民講座で知識を得て、無料で診断してもらうこともできます。塗り替えの訪問営業で不安を感じているなら、まずは市民講座に行ってみるとよいと思います。

引用元:https://www.google.com/

タツミ工業は、知識豊富で状態を見極められるとのこと、クオリティにはかなり期待してしまいますね。 タツミ工業は、建物を赤外線サーモグラフィーで検査し、雨漏りの原因をしっかり把握します。事前にわかっていれば、最適な補修をしてもらえそうです。また、4度塗りを基本と考えているのも嬉しいポイントでしょう。
タツミ工業の公式サイトを見てみる
SEARCH

新着記事

外壁塗装は、戸建て住宅の外壁を守るために重要であるのはもちろん、建物の印象や価値まで決める大切なメンテナンス工事です。しかし、業界内には悪質な営業に手を染める業者がおり、被害にあう消費者もい
続きを読む
自宅の外装は年数がたつにつれ、少しずつ劣化します。そのまま放置するとひび割れや剥がれにつながるため、定期的な塗装が欠かせません。しかし、外壁塗装を施す時期は、多くの人にとって悩むポイントのひ
続きを読む
外壁は、ある程度の年数が経つと塗り替えをしないといけません。しかし、問題なのはタイミングです。外壁の状態を見極めて、ベストなタイミングでお願いしたいという方も多いのではないでしょうか。もし、
続きを読む