外壁塗装の相場はいくらぐらい?

公開日:2023/11/13  

外壁塗装は、家の大きさや塗装の種類などによって大きく変わってきます。また、ほかの作業工程が追加されると、想像よりも高くなってしまう可能性があります。

だからといって、外壁がボロボロの状態で放置するわけにはいきません。

そこで今回は、外壁塗装にかかる費用相場について情報をまとめてみました。一般的な相場から、ほかの作業工程を含めた場合の相場まで多岐にわたって紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

建坪・塗料によって異なる

外壁や屋根を塗装してほしい場合、気になるのが費用相場です。状態によって大きく変わるため、どれくらいの費用がかかるのか困っている方がほとんどでしょう。

一般的に、塗装は家の大きさや塗料の種類によって変わるといわれています。また、足場・養正・付帯するものなども関係してくるため、戸建てであれば80~140万円とかなり広めです。

さらに、屋根もプラスされると費用はグンと高くなります。ここでは、建坪と単価ごとの相場について紹介します。

建坪ごとの費用相場

冒頭でも述べたとおり、戸建ての平均相場は80~140万円です。この相場は建坪で考えると30坪になるため、当然それ以上の大きさになると相場は変わります。たとえば40坪なら90~150万円、50坪なら110~170万円となっています。

一方で、屋根の塗装も追加した場合、屋根+外壁塗装の費用になるのでグンと高くなります。業者によって差はありますが、大体30~40万円プラスされると考えておくと安心でしょう。

よって、30坪は110~170万円、40坪は120~180万円、50坪は140~200万円となります。

単価相場

続いて、単価相場です。単価相場とは、塗料の種類やそのほかの作業工程を指します。

塗料の種類はウレタンやフッ素などがあり、何回「下塗り・中塗・上塗り」を行うかで変わります。一般的に(外壁塗装=塗装面積×塗装単価)で表しますが、使用する塗料グレードによっても変動するため、あくまでおおよその費用になると考えておいてください。

また「一律○○円」と表記されている場合、外壁塗装単体の費用を指すことが多いので注意しましょう。

それをふまえたうえで、塗料別+3回塗りの相場は、ウレタン:1,600~2,500円・シリコン:2,300~3,500円・フッ素:3,500~4,800円となります。それぞれ1平方メートルあたりの費用になるため範囲が大きいほど高くなり、塗装以外にも足場・洗浄・養正などで数百円~数万円プラスされます。

ちなみに、もっとも高い工程は廃棄物処理や材料運搬、コーキングなどが挙げられます。これらは20,000円~60,000円するケースがほとんどです。

費用にかかわる要素

外壁塗装の費用は、作業内容や使用する塗料などによって変わってきます。そのため、相場より高くなる場合もあれば低くなる場合もあります。

ここでは、費用にかかわる要素について紹介します。

塗料・外壁・屋根の種類

とくに、大きく変動しやすいのが塗料・外壁・屋根の種類です。

塗装はウレタン・アクリル・フッ素・無機・シリコンに分類され、耐久性が高いほど費用が上がるといわれています。そのため、どの塗料を使うかが大きなポイントになります。

このなかでもっとも耐久性が低いのは、アクリルです。ただ外壁塗装で使われるケースはほとんどないため、今回はとくに気にする必要はありません。一般的に使用されるのはシリコン・フッ素・無機の3つになり、耐久性と費用が高いのは無機になります。もちろん、自身のライフプランによっても変わってくるでしょう。

外壁の種類は、サンディング・ALC・モルタルなどが挙げられます。目地がある外壁のほうが塗装+メンテナンスの2つの工程を行わなければいけないため、費用が高くなります。3つのなかではサンディングとALCがそれに含まれます。

屋根は、主にストレートと瓦に分類されます。ストレートは棟板金の釘打ちやタスペーサーの挿入が必要になることから費用が高くなりやすく、一方で瓦はそれらが不要なので意外にも費用は高くなりません。

階数・勾配

建物の階数と屋根の勾配は、いわゆる足場の有無を意味します。足場が必要になると組立に人数と時間を要するため、費用が高くなります。2階以上の外壁塗装が高額になりやすいのは足場の有無も大きく関係しています。

屋根の勾配も、傾斜が急になるほど足場が必要になるため、やはり費用がかかるでしょう。

塗料の色

塗料の色は、1色もしくは2色以上使うかで大きく変わってきます。

1色であれば1つの塗料缶しか使わないので手間がかからず費用も安く抑えられます。しかし色やデザインにこだわりたい場合は、どうしても2色以上使うことになるため、追加費用が発生してしまいます。

そのため、どれくらいの費用がかかるかは事前に確認しておくと安心でしょう。

付帯しているもの

付帯物とは、塗装が必要な部品のことをいいます。

たとえば、雨戸・シャッターボックス・雨樋・換気フードなどが挙げられます。塗装する範囲が狭くても、これらの数が多いと追加費用が発生します。外壁塗装をする際は、付帯物もしっかり念頭においておきましょう。

ほかにも、外壁の状態や選ぶ業者によっても変わります。

適正価格で外壁塗装を行ってもらうには?

業者によって外壁塗装にかかる費用はさまざまです。そのため、選んだ業者が適正価格・高品質で行っているかが非常に重要です。

ここでは、業者を選ぶポイントについて紹介します。

施工実績がある

施工実績といっても、全国展開か地域密着型かで変わります。

各地で高い評判を得ていることも大切ですが、地元の人に信頼されていることもとても重要です。またいくら広いエリアでの施工実績があっても、住んでいる地域での実績がないと不安になります。

選ぶときは、住んでいる地域での実績に注目してみてください。

ていねいな点検

なかには目視だけで見積りを出す業者もありますが、それでは外壁の状態がわからないため、場合によっては追加費用が発生してしまいます。適正価格で工事をしてもらうには、最低でも1時間かけてていねいに点検してくれるところを選びましょう。

また、見積りも内訳がきちんと記載されていることがポイントです。「塗装の際に外壁の劣化も直してもらえるはず」と思い込んでしまうと、トラブルになりかねません。意見の食い違いがないように、不明な点はきちんと相談するなど、かならず詳しい見積りを出してもらうようにしてください。

メーカー保証がある

どんなに適正価格で工事を行ってくれる業者でも、品質不良では意味がありません。そこでポイントになるのが、メーカー保証です。

ただ一般的に、塗料メーカーが保証を出すことはないといわれています。そのため、保証がない=品質不良にはならず、同時に手抜きがあった場合でも判断がむずかしくなってしまいます。

しかし、なかにはメーカー保証を出している業者も存在するため、安心安全に塗装を行ってもらうにはそこを見極める必要があります。

保証は、工事・アフターメンテナンス・瑕疵保険・工事完工・口頭の主に5つが挙げられます。業者によってどの保証が付いているか異なるため、事前に確認しておきましょう。

まとめ

外壁塗装の相場は、外壁の状態や塗料グレード、付帯物などによって大きく変わることがわかりました。とくに付帯物は、どんなに塗装面積が狭くても、個数が多いと追加費用が発生してしまいます。

また、保証に関しても、付いているところと付いていないところがあるため、各業者のホームページなどで確認しておきましょう。万が一の場合に備えてきちんと対応してもらえるように、工事保証やアフターメンテナンス保証、瑕疵保険保証は付いていたほうが安心です。

そういったこともふまえて、賢く外壁塗装を行いましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

外壁塗装のDIYは手軽に思えますが、足場の設置や高所での作業は慎重なアプローチが必要です。本記事では、足場なしでの外壁塗装に焦点を当て、DIYのメリットやデメリット、安全対策、専門業者への依
続きを読む
外壁塗装は建物を保護するために欠かせないメンテナンス作業ですが、その際に4回塗りが本当に必要なのか、検証してみましょう。塗膜の役割や4回塗りのデメリット、メリットについて理解することで、賢い
続きを読む
外壁塗装は家の美観を保つ重要な作業ですが、工事中には近隣住民への配慮が不可欠です。騒音や塗料の飛散など、さまざまな問題が発生する可能性があります。そのため、外壁工事における近隣住民への配慮が
続きを読む