夏本番を迎える前に知りたい!外壁塗装で暑さ対策できるってホント?

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/08/17

外壁塗装で暑さ対策できるってホント?

現代の日本では、真夏になると気温35度から40度も当たり前ですよね。1日中エアコンをつけっぱなしにしていて光熱費がすごいことになり、頭を悩ませている家庭も少なくありません。そこで注目なのが外壁塗装です。外壁塗装で暑さ対策ができるという話もありますが、果たしてそれは本当なのか、詳しく解説します。

遮熱塗料と断熱塗料は別物!最適な暑さ対策とは

外壁塗装により暑さ対策は可能です。最新の塗料を利用することで、断熱性能が高まるためです。外気温と内気温の違いを効率的に生み出す塗料も多く開発されており、実際にさまざまな家に活用されています。暑さ対策できる塗料は遮熱塗料と断熱塗料の2つがありますが、実はそれぞれ全く異なるものです。そこで、ここでは遮熱塗料と断熱塗料について詳しく解説します。

遮熱塗料とは?

遮熱塗料とは熱を遮る塗料であり、具体的には太陽光を反射することで家に熱エネルギーが入るのを防いでくれます。とくに夏は太陽光により、家の表面がかなり温められます。その温められた外壁の熱によって、家全体が温室のようになることも少なくありません。

一方で高度な遮熱塗料を外壁や屋根に塗ることで、その表面温度は15度から25度程度も下がることが分かっています。そもそも真夏にもなると、住宅の屋根の表面温度は60度以上になるとされています。

その熱が家を覆っているのですから、暑くなるのも当たり前です。しかし遮熱塗料を塗ると、太陽光が反射され家に熱がこもりにくくなります。部屋の温度も自然に下がるので、状況によってはエアコンを付けなくても家内部の温度を維持できるのです。

ちなみに遮熱塗料による室温低下の実数値は、1度から3度程度とされています。1度から3度でも、寝苦しい夜が解消されるかもしれません。大きな効果をもたらしてくれるでしょう。

断熱塗料とは?

断熱塗料とは、熱伝導を抑える機能を持った塗料を指します。屋内の温度変化を軽減する効果が期待できるため、暑さ対策だけではなく寒さ対策にもなります。

つまり、暑い地域だけではなく、寒い地域でも活躍するのが断熱塗料です。断熱塗料には中空ビーズという空気を含んだ細かい球体が含まれているのが特徴で、熱エネルギーが分散されるため、熱の室内への侵入を防いでくれます。

中空ビーズが含まれているため、一般の塗料と比較し、厚みがあるのも大きな特徴です。一般的な塗料は0.2ミリから0.3ミリと薄めであり、断熱塗料は0.5ミリから1.0ミリ程度です。

どれくらいの効果があるの?

遮熱塗料や断熱塗料は種類も豊富であり、その効果もそれぞれです。たとえば、室温上昇の抑制効果も塗料によっては、0.5度から1.0度程度と小さな効果のものもあれば、2度以上もあるような高機能な塗料もあります。

塗料の効果は価格にも現れており、高いものは基本的に高機能であり、安いものは効果が低いものが少なくありません。また同じ塗料でも、工務店によって価格が大きく異なることも少なくありません。

したがって、外壁塗装を利用する際は、相見積もりなどを活用して価格比較し、そのうえで評判がよく丁寧な作業をしてくれるところにお願いしましょう。

遮熱塗料の主な効果

熱を家の室内に入れない効果を持つため、家内部の気温を下げる効果が期待できます。太陽光を反射することで、熱そのものの発生を抑えられるため、夏の暑さ対策に非常に効果的です。

壁および天井の表面温度も下がるので、体感温度も低く感じられます。遮熱塗料の効果を実感できるのは主に昼間なので、昼間に家にいる時間が長い方は、利用を検討してはいかがでしょうか。

断熱塗料の主な効果

外気温と内気温を区別する効果が期待できます。つまり外気温が高かったとしても、室内にその温度が影響を与えないように出来るのです。夏は外気温が熱くない気温が涼しい、といった状況を作れます。

一方で冬は、外気の寒さを家に入れない効果も期待できます。つまり家の外は寒く、家の内部は温かい、といった状況を造れるのです。ちなみに断熱塗料を家の内部に塗ることもあります。

家の内部に塗ることで、家内部の温度が家の外部に漏れ出るようなことを防いでくれます。冬であれば、暖房で温められた室内の温度を維持してくれる効果も期待できます。

省エネ・節電にも効果あり!

遮熱塗料および断熱塗料には、家内部の温度を快適にするだけではなく省エネ・節電の効果も期待できます。塗料の種類にもよりますが基本的に塗装しない場合と比較すると、室内の温度が夏場は2度から3度程度低下することもあります。

ちなみに室内の温度が2度低下すると10%程度の電気代が節約できると言われており、大きな節電効果が期待できます。また遮熱塗料や断熱塗料の多くは新しいもので、耐用年数が長いです。頻繁に塗装を繰り返す必要もないため、そういった部分での節約効果も期待できます。

まとめ

外壁塗装で暑さ対策は可能であり、大きな効果をもたらしてくれることもあります。遮熱塗料や断熱塗料を活用することで、室内の温度を2度から3度引き下げることも可能であり、エアコンの使用量を下げるなどの光熱費の節約効果も期待できます。近年の夏は猛暑日も多く、熱中症で倒れるケースも少なくありません。倒れてからでは遅いので、早急に外壁塗装で家を快適な場に変えましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

外壁は、ある程度の年数が経つと塗り替えをしないといけません。しかし、問題なのはタイミングです。外壁の状態を見極めて、ベストなタイミングでお願いしたいという方も多いのではないでしょうか。もし、
続きを読む
現代の日本では、真夏になると気温35度から40度も当たり前ですよね。1日中エアコンをつけっぱなしにしていて光熱費がすごいことになり、頭を悩ませている家庭も少なくありません。そこで注目なのが外
続きを読む
株式会社協和防水 住所:〒630-8441 奈良県奈良市神殿町164-16 TEL:0742-61-4193 受付時間:8:00~18:00(日・祝定休) 協和防水は、奈良県奈良市を中心に地
続きを読む